Google検索に引っかかるURLに変更してみる

けんさく

今までページのアドレスに意味のない番号をつけていたり、

日本語にしていたのですが、あまり検索に引っかかってこないので

ちょっと調べてみました。

Googleさんのページ覗きに行ったら、

単純明快なURLにしてください!

だそうです。

あまりURL構造に要素が多いと巡回ロボットに必要以上に労力かかっちゃって

googleにインデックスされないみたいです。

・日本語は使わないほうがいい

日本語だとURLが変な文字列になってしまうのでダメ。

設定したアドレス

http://hi-tech-o.com/travel/日本に帰る

コピーして貼り付けた時。

http://hi-tech-o.com/travel/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%81%AB%E5%B8%B0%E3%82%8B/

可読性もなく、ユーザーが見ても何のページかわかりにくいし、URLが長すぎて、コピペの途中で切れてしまうことがある。

文字数制限に引っかかって、SNSに貼れないことも。

日本語の方がわかりやすいかと思ってあえてやっていたことが

逆効果だったみたいです。

・長い単語は区切る

アドレスにする単語が長い場合は単語を区切る。

_(アンダーバー)ではなくて-(ハイフン)をつかう。

ハイフンなし

例 www.〇〇〇.com/flowershoplist.html

ハイフンあり

www.〇〇〇.com/ /flower-shop-list.html

読みやすくなりました!

単純といっても

page1.htmlみたいな何かわからない単語は使用しない。

ディレクトリを何重にもしない。

www.●●●.com/dir/dir/dir/dir/dir/page.html

今まで貼ったリンクも切れるし、ページへのアクセス数もリセットされるので

途中からはアドレスを変えたくないのですが

とりあえず日本語にしてたページのアドレス変えてみました。

Googleにクロールされやすくなると思うし。

サイトマップも更新したので、検索に直接サイト名打ったら記事は出るようにはなったけど

日本語URLの変更のほうの効果はやっぱり実感わかないなぁ。


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トップへ戻る